お家で快適に過ごせる設備|業者に任せてカンタン修理

年数で変わる費用

かかる費用は施工する範囲や耐久年数で変わってくる

新築で建てたマイホームだけど、さっそく水回りの汚れが気になり始めた。頻繁に磨くわけにもいかないしどうしたら良いのだろうとお悩みの方には、水回りのコーティングがおすすめです。 水回りは特に頑固な汚れが付着しやすく、汚れに気が付いた時にはこすっても落ちない状態になっていたりします。そうならないためにも、あらかじめ水回りをコーティングしておくのが有効になってきます。コーティングには、汚れに強いフッ素やシリコンのコーティング、カビを防ぐコーティングなど何種類か用意されています。 水回りのコーティングにかかる費用は、おおよそ1万円前後〜10万円前後です。範囲が広くなるほど、耐久年数が長くなるほど、高額になっていくと考えて良いでしょう。

各コーティングの特徴とかかる費用

フッ素、シリコン、防カビといったこれらのコーティングについて、費用や特徴などそれぞれ見てみましょう。 フッ素コーティングは凹凸に入り込むことで表面を均一化し、汚れの付着を防ぐ特徴を持っています。費用は1か所あたり1万円前後〜5万円前後です。 シリコンコーティングはフッ素と同様の特徴に加え、滑り止め効果にも優れています。費用は1か所あたり1万円前後〜4万円前後です。 防カビコーティングはカビや微生物の繁殖を防ぐことができますので、それらが原因となる感染症などの病気を防ぐことができます。費用は1か所あたり1万円前後〜4万円前後です。 ちなみに、トイレやバスルームなど複数個所をまとめて施工できるプランを用意している業者が多いようです。まとめて施工するプランを活用すれば1か所ずつ施工するよりも安上がりになりますので、お得に施工したい方はまとめて施工するプランを選ぶと良いでしょう。